娘の就職のお祝いに実印を選ぶことにしました。

娘の就職のお祝いに実印を選ぶことにしました。

ネット検索で実印の値段の相場や種類はどんなのがあるかを調べてみました。

印鑑を造るときは色々と選ばなければならないことに驚きました。

 

材質だけで持たくさんあり、高価な象牙、丈夫で手頃な水牛など、書体には、篆書体や隷書体などがありました。

印材の違いについて書体はどれが良いかを調べて納得のいく実印を購入できました。
自分の実印を欲しいと検討してる人はこれから新生活が始まる時に多くなってきます。実印の値段は、実にピンからキリまでです。

安いものをみれば1

000円以下で購入することができるものの存在していますし、中には10万円以上というものもあります。
重要な契約などに用いられるのである程度の金額は納得して買っている人が一般的です。

婚約者を紹介してすぐに母が、下の名前で作ったはんこをそっと手渡してくれました。

象牙という素材でできたもので、高価なものだったのだろうと思います。
銀行印として活躍しているのですが、使用するたび、その時の母の顔を懐かしく思います。子供が授かって、名前は親からの最初の贈り物なんだなあという考えをもつようになり、母がくれた印鑑をいとおしく感じるようになりました。

 

子供が成長したら、私が母にしてもらったようにはんこを贈りたいと思います。長い間使っていたはんこの一部のふちが割れてしまったので、注文して新しくつくり直しました。

印鑑がかけているとお金が逃げていくという噂を聞いたからです。今度作った印鑑は苗字を入れず名前でつくりました。自分の名前の漢字が好きだからです。

銀行印など、変更するのに面倒なこともありましたが、この機会に使っていない口座などを解約して、すっきりさせることができました。

 

ついでに使用してないクレジットカードも解約したので、印鑑を購入することになって身辺整理ができるきっかけになりました。印鑑屋を覗いて銀行用の印鑑がどれだか分からなくなり、使用したいときは、手持ちの印鑑を持って行き窓口で確認するという、どろくさい方法を行っていましたが、公の書類に押印する必要ができたため、せっかくの機会なので氏名を入れしっかりとしたハンコを頼むことにしました。

インターインターネット(パソコンに限らず、携帯やテレビなんかでも楽しむことができますね)を使って実印を作ってもらいました。

届くまで不安だったのですが、届いたものは予想以上に素晴らしかったです。印鑑を入れるケースも供についていてこの価格では買えないような立派なものでした。
金額は高くないと不安とか有名店で買わないと心配だと感じる方も少なくないでしょうが、それが一つだけしか存在しないなら買うお店がネットでも良いという考えなので私は何ともなく購入出来ました。最近では印鑑は近所で簡単に手に入ります。

特にこだわりがないなら、100円ショップの印鑑でも使えると個人的には思っています。
しかしながら、残念なことに既成品にはない名字のようで、よくある安価な店では販売されていません。それだけでなく、大きな文房具店や判子屋さんにもなかったので、欲しい時は、店の人に注文するしかないのです。現代は、ネット通販でハンコを購入できるので助かります。

印鑑の値段はいくらかというと材質は勿論ですが、作成方法や工程時間、どれぐらいの大きさの実印にするかどうやって仕入れてたのか速達などの発送方法、営業の仕方といった違いからも価格に大きな変動が出てきています。

 

大事なものなのであんまり安いものだと不安を感じますし、ある程度の値段設定の実印を捜して購入することをおすすめします。
お店によって値段が変わるだけでなく何本かのセットで販売したり、手彫りで造るかすべて機械彫りにするかを選べたりと選択がいくつかありました。

やはり職人さんの手彫りはそれなりに値段が上がります。高級だと言われている象牙を使い手彫りにしたら値段は高価になります。私的にはわりと丈夫な黒水牛が品質も良くお値段も無難なのではないかと思います。

子供が生まれました。
そこで、一生使えるような実印を贈ってあげようと思案しています。

ずっと使えるように、かけたり、割れたりしない丈夫さがあってで風格があるもの。しかし、沿ういう印鑑は高価なんです。でも長年使うのなら、がんばって良いと思うものを買ってあげたい。
その実印が仕上がればさらに、始めての銀行の通帳を作ってあげてコツコツとお金を預けて、大人になった時に供に渡してやりたいのです。沿うすると、象牙がいいのでしょうか実印の大きさは、苗字と名前が入るから大きい。

そのため、ほんとに高価なものになります。

実印 値段 相場